「クルマの能力が向上し続ける性能に対して人間が操作できる能力は変わりません。『究極のドライビングプレジャーの追求』、すなわちいつでもどこでも最高の喜びを与えるスーパースポーツであれば、これからの時代はドライバーが運転に集中してもらうために2ペダルですよと。社内の数多くいたGT-Rに思い入れのある先輩にはそう説きましたし、役員にはパドルシフトで操作することでラップタイムが1周あたり15秒くらい稼げることをデータで示しました。速さを求めるなら、2ペダルでパドルシフトしかないと」今回の街頭検査は、11月7日21時から8日0時30分までの深夜に実施した。近畿地方、大阪府や兵庫県などで車買取のハナテンは、知名度も高く、人気が有ります。実際に買取実績も大変評価が高いです。

 

そこで、MINIとしては、「プレミアムスモールセグメントのMINI 3ドア、5ドアよりも一回り大きいセグメントに注目し、これらのニーズを満たせるクラブマンで、プレミアムコンパクトセグメント市場に参入することになったのだ」とコメント。新型クラブマンは先代より「室内が広く、乗り降りもしやすく、荷室も広い。また、見た目にもよりゆとりや上質さが一層感じてもらえるだろう」とし、「これまでMINIを比較されてこなかった方にも検討してもらえるのでは」と述べる。一方、MINIのシリーズには『クロスオーバー』がある。そことの関係について岡田さんは、「こちらはSAV(スポーツアクティビティビークル)なので、視点が高く、クリーンディーゼルをメインにラインナップにするなど、よりクロスオーバー的な位置づけになる」という。ユーザー層も、「(クラブマンより)もう少し若い、ヤングファミリーの方も多く購入している」と明確に違いがあることを強調した。写真を見ていただいてもインパクト大な紫色「タンタシオン ヴィオレ」をはじめ、全部で3色の”ブルターニュ”カラーを用意する。